新しいグーグルマップでジオコーディングはどうなった?

新しくなったグーグルマップ。
色んなところで話題に上がってますね。

個人的には、Appleマップ公開時の「パチンコガンダム駅」を経験してるので、あまり驚きはありませんww。

※この時、カンタンマップも大事件?に巻き込まれましたが、それはまたどこかで。


むしろ、この状態でもリリースしちゃうことに、流石やなぁと思うところです。

さらに、猛スピードで修正がなされていくのを見ていると、改めてスゲーと思うところです。


とは言え、仕事で地図を扱っていることもあり、気になるところは多々あります。

当社で真っ先に気になったのは、「ジオコーディングの精度」です。

ジオコーディングとは、カンタンに言えば、住所データを緯度経度に変換する仕組みです。

住所録のデータなどを地図に重ねるためには、緯度経度に変換する必要があります。


ゼンリンの住宅地図は、高過ぎるとか、未だに日本測地系だとか、データフォーマットが独自過ぎて使いにくいとか、いろいろ課題(文句?)はありますが、表札名の書かれた地図が日本全国揃っているという点では唯一無二の存在です。

この住所データがあったからこそ、グーグルのジオコーディングは精度が高かったのかな?と思っていたので、データがゼンリンでなくなることで、この精度が落ちるのでは?と気になりました。


kintoneで使うジオコーディングプラグインを提供していることもあるので、検証してみました。

以前にジオコーディングしたデータで残っていた住所データを、新しいGoogleマップでジオコーディングしてみました。

これらのデータを「カンタンマップ for iPad」で地図に重ねてみたら、こんな感じになりました。

オレンジのPINが以前にジオコーディングした結果、黄色のPINが今回新たに同じ住所データでジオコーディングしてみた結果です。虹色のPINは全く一致しているPINになります。

ほぼ近いところに、PINが立っているのが確認出来ました。

これを「カンタンマップkintoneプラグイン」で、ゼンリン住宅地図にも重ね合わせて、どのくらい合ってるのかも検証してみました。 (ゼンリン住宅地図の画像は表示を控えます。。。)


ホントはもっといろんなデータで検証したいのですが、時間なくてこのくらいで一旦判断してしまいますが、、、

結論としては、

  • 精度はほぼ変わらない
  • ゼンリンの時は正しく表示されなかった場所が正しい位置が表示されるようになった箇所はある
  • その逆もあって、新しい方が間違った位置が示されることもある

変換された数値を見てみると、緯度経度の数値が10進数で、小数点以下5桁目くらいが微妙に違うかんじです。

顧客訪問や配送業務などには、特に影響はないのかなと思います。

実は、当社の住所も街区までしか出なかったのが、正しい位置が示されるようになりました。


ただ、改めて当社オフィス付近の地図をよく見てみると、、、

  • 通れない道路がある(企業の駐車場の道路で一般の人は入れない)
  • 一方通行の角は丸まってる

など、面白い変化が色々見えてきました。

今後、どう変わっていくかはとても興味ありますが、当面ナビには使わない方がいいかも?ですね。


ちなみに、iPhoneユーザなら、今のAppleマップはとても良くなってますよ。

バスルートの検索なら、Appleマップの方が断然いいです。

沖縄では大活躍してくれましたよ!