新オフィスのご紹介(何でWeWorkやねん⁉︎)

 

オフィスを移転しました。
こちらになります。

〒530-0002
大阪市北区曾根崎新地1-13-22
御堂筋フロンティア 1階 WeWork
電話:050-7125-9486

WeWork
テレビなどで紹介されることも多い、外資系のシェアオフィス。

オフィス移転をお知らせすると、

「何でWeWorkにしたん⁉︎」
「WeWorkって高いんちゃうの⁉︎」

という質問をよく受けます。

よく聞かれるもので、これを説明してると、話が長くなるので、ここに書いておこうかなと。

今回、オフィスを移転するにあたって考えたことは、大きくはこの3つです。

  1. オフィスという固定資産を持ちたくない
  2. 出張先でもオフィスが使いたい
  3. スタッフの成長につながるオフィスを

これを実現出来そうなところはどこやろ?って考えたところ、WeWorkがイメージに近いのでは?と。

入って1ヶ月。
感想やよく聞かれる質問について、まとめてみます。

■WeWorkって高いんでしょ?

はい、安くはないですね。
ただ、単純に家賃だけの比較はしてはいけないです。

以前はオフィスを賃貸契約して借りてましたが、家賃と共益費がありました。
これに、敷金やら保証金やら、家賃以外の費用も色々必要でした。

さらに、退去時には、原状復旧費用もかかりました。
これが短期であればあるほど、無駄な費用だと感じてました。

加えて、電話回線を敷いて、毎月の利用料や通信量も別途払ってました。
さらに、複合機も設置して、本体代の他に、カウンター代やら、トナー代やら。

さらには、お茶やコーヒーなどの飲み物や、これを入れておく冷蔵庫やら、電子レンジやら。
もちろん、机や椅子、書庫なども全部自前で揃えねばなりません。

実は、あまり目に見えなかったかも知れない費用を毎月払ってたんですよね。

こういう見えにくい費用をなくしたいと思ったのがひとつです。

WeWorkは、シェアオフィスなので、所有するものはありません。
これらはすべて費用に含まれています。

実は、7月に入居して、8月にはもう少し広い部屋に引っ越ししました。
引っ越しにかかった時間は20分。

新しいオフィスでは、何も所有しない。
仕事に必要なものだけあればいい。

そんなオフィスになりました。

■東京にオフィスはないの?

最近、聞かれることが多くなりました。

でも根っからのネイティブOSAKAなわたしは、東京には住めそうにありません。

しかし、出張が増えて仕事場が欲しくなってきたのも事実。

それがWeWorkであれば、東京にもあちこちにあるので、そこがオフィスとして使えることになりました。

早速、東京で時間が空いたので、使ってみました。

これまでだと、カフェなどで仕事してましたが、その必要がなくなりました。

カフェ代やら、コンビニでのコピー代などはなくなって、仕事への集中時間やら、いろんなモノが得られました。

■スタッフの成長の機会を作るには?

「人は人で磨かれる」

わたしの友人がいつも言う言葉です。

従来のオフィスだと、普段は当社スタッフとしか関わる機会がありません。

しかし、WeWorkだとシェアオフィスなので、いろんな会社の人が周りにたくさんいます。

これからどんな関わりが出来るのか?は、自分たち次第で、磨かれる環境に身を置くことが出来るかと。

 

あと、WeWorkにしてよかったこと。

ビール、タダで飲めるんですよね!
このコストも考えたら、さらにお得かと。

さぁ、新しいオフィスで、再出発です!