(このページは現在制作中です。ただし、サービスは提供中です。)

(概要を参照頂くには、こちらのページも参照してください。)

 

現場点検をスマートに!タブレット×クラウドで高効率化&精度向上

施設点検は情報化した現代でもアナログな方法で調査している業者が多々見られます。中でもカメラで写真を取り、ボードの紙に調査項目を書いていく。そしてそれらを持ち帰りまとめる。そんな調査スタイルに疑問を感じませんか?

施設点検のとき
・一つの箇所に係る時間が長い
・予定をつい忘れてしまう
・記入漏れ、操作ミスが目立つ
・過去のデータが見つからない
などのトラブルを経験したことはありませんか?
そんなときは弊社の「カンタンマップ」にお任せください!カンタンマップは今までの点検・調査のスタイルをガラリと変え、精度・効率を向上させたスマートなスタイルに変えることをお約束します!

カンタンマップの主な機能として
・現地のタブレットからクラウドサービス(kintone)を使うためデータのロストは一切なし!いつでもリアルタイムのデータが閲覧できます
・データから簡単に帳票を作成可能
・誰がどの地域を調査しているかを可視化
・最先端のタブレットを駆使することで書類やカメラ、地図などツールを集約することができます
・現場のデータを遠隔管理できるため作業の効率化が可能

などのメリットが考えられます。また、カンタンマップの強みとしてお客様のニーズに適したアプリ設計に変幻自在に変えることが可能です。現地調査でも調査対象や地域、内容によって様々なアプリ設計が可能です。それだけで革新的な調査スタイルに変えることを自信を持って言い切ります!
(設定にはkintoneの設定が必要になります)

 

よく使われる点検業務

街路灯(LED)調査

現在、ESCO事業で街路灯をLEDに変えていく施策が進められています。

 

街路樹調査

高速道路のSA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)などの街路樹の維持管理に

 

標識調査

警察やNEXCOなどが実施する、道路標識などの調査に利用して頂いております。

 

看板調査

 

家屋・マンション調査

 

ゴミステーション調査・管理

 

 

 

カンタン施設点検マップの標準機能

地図の拡大スクロール

表示される地図は、Googleマップになります。
利用には、Googleマップのライセンスも含まれています。オプションでゼンリン住宅地図との切り替え機能も利用可能です。

PINの表示切り替え

kintoneにて登録されたデータが色分けされて表示されます。用途に応じて色の割当も可能です。

距離や面積の計測

地図上を指でなぞることで、距離や面積を測ることができます。おまけ的な機能としてつけましたが、ユーザさんには結構喜ばれています。

スイッチ機能

PINの吹き出しにON・OFFのボタンを表示することができます。この機能を使って今日行く箇所だけ表示するなどの使い方ができます。

帳票作成

現地でとったレコードから簡単に帳票や報告書を作成することができます。こちらは他社の別途プラグインが必要になるため、ご注意ください。

カンタンマップの利用については上記のとおりです。
もし興味がありましたら無料体験版をご用意しておりますのでそちらをご利用ください。