無料メールレター登録

 すぐにお伝えしたい付加価値の高い情報など貴重な情報は、メールレターに登録頂いたあなただけに、「無料」でお届けしています。
 セールスめいたメールを頻繁にお送りすることはありません。とりあえずでも登録しておくと、きっと良いことがあると思いますよ(笑)。

登録

ITについていつでも相談できる安心感を提供します

セミナー講師依頼、アドバイザーに関する問合せ、取材依頼など、どのような内容でも結構です。お気軽にお問合せください。基本的に、営業日72時間以内にご連絡させて頂きます。

問合せ

写真とメモを地図に登録できるiPhoneアプリ「ハイ地図!」をリリースしました

大阪の社長.tv あっとクリエーション株式会社  黒木 紀男

カンタンマップ for iPad

カンタンマップ


申し込み


■当社の想い

「同じようなシステム・アプリをこれから作るなら、これを使って欲しい。」
もう、システムの機能やコストで競い合う時代ではなくなったと思っています。

似たようなアプリを各社で作りあって、機能で勝負するのなら、
カンタンマップを使って、コストダウンして欲しい。

その予定していたコストで、別の新しいモノに投資してもらって
もっと業界全体がゲンキになる仕組みに使って欲しい。

それこそが、業界に関わる皆さんが、時間も短縮出来て、コストダウンも図れて、技術者のヤル気も出ることだと思うのです。


現地調査や施設管理にiPadを使ってみませんか?

カンタンマップ for iPadとは、現地調査などにおいて、iPadが使えたら便利かも?
との想いから構築したシステムです。


本システムの特徴は、特に下記の点になります。

1,高精度な地図データをiPadのマップと重ね合わせて利用することが出来る。

2,地図データや各種情報は、iPad本体に入れて持ち出すので、
  ネットにつながっていなくても利用出来る。

3,ポイント情報をクリックすると、その属性や写真などの関連ファイルが容易に閲覧出来る。

4,ポイント情報や関連する写真などのデータは、現地でiPad上で登録・編集することが出来る。

5,高精度な背景地図や取り扱う属性などは、設定ファイルを編集することで、
  ユーザが自由に設定出来る。

■ポイント

EXCELなどで作成した顧客リストや、住所録などのデータを変換して、
カンタンマップの地図上で管理する事が出来ます。


実際に操作しているところを、動画で撮影した映像をご覧ください。



■活用事例・想定される利用例

  • 下水道・上水道管理(マンホール点検・その他地下埋設管管理)
  • 道路附属物点検管理(標識・カーブミラー・街路灯・ストックマネジメントなど)
  • 河川維持調査(堤防点検など)
  • 農地管理(作付管理・スプリンクラー等施設管理・耕作放棄地調査・病害虫調査など)
  • 林業管理(林班図管理など)
  • 公園施設点検管理
  • 樹木調査
  • 落石調査
  • 電柱調査
  • 地質調査
  • 要援護者管理
  • 空き家調査管理
  • 災害時緊急調査
  • 不動産管理
  • コインパーキング調査
  • 顧客管理(保険代理店など)
  • ビルメンテナンス管理
  • 土地家屋調査士
  • 配送宅配業
  • 新聞社
  • 選挙対策(支援者管理・ポスター管理・陳情管理など)
  •  など

固定資産調査
固定資産調査の事例
地下埋設管管理
地下埋設管管理の事例

■主な機能

主な機能は、下記の通りです。

1,iPadのマップを背景に表示させることが出来ます。

 基本的な画面構成です。
 地図はiPadらしく、指で移動させたり拡大縮小させたり出来ます。
 GPSが使える環境であれば、現在地も表示されます。
 画面右側には、諸元を表示する欄が表示されます。

カンタンマップ



2,自分が使いたい地図を背景に利用することが出来ます。

 座標を持っている地図データであれば、所定のフォーマットの画像データに変換することで
 背景として利用出来ます。

カンタンマップ



3,iPad上でデータの新規登録が出来ます。

 新規登録ボタンをクリックすると、新たにピンが登録されます。

カンタンマップ



4,新規登録や既にあるデータの編集時にはキーボードが表示されます。

 文字の登録や編集は、画面上に表示されるキーボードでカンタンに入力することが出来ます。

カンタンマップ



5,各データに、写真や画像データを関連付けすることが出来ます。

 iPadのカメラを使って撮影した写真をその場で関連付けすることが出来ます。
 また、iPadに保存されている写真や画像データも関連付けすることが出来ます。

カンタンマップ



6,写真や画像データは画面中央に表示させることが出来ます。

 画面右側にサムネイルで表示されている写真をクリックすると、写真を表示出来ます。
 また、ピンチ操作で拡大縮小、フリック操作で次の画像に切り替えられます。

カンタンマップ



7,登録するピン情報は、レイヤ分けして表示切替することが出来ます。

 登録するピンは、レイヤ分けをして登録することが出来ます。
 レイヤ名やピンの色は、設定ファイルでユーザが設定出来ます。

カンタンマップ



8,ピンの検索が出来ます。

 ピンの属性から、検索が出来ます。
 タイトルのみの検索や属性すべての全文検索も実行出来ます。

カンタンマップ



9,画面上に表示されているピンのみ表示

 画面上に表示されているピンのみ、表示させることが出来ます。
 画面右側の検索結果をクリックすると、どのピンか分かります。

カンタンマップ



10,現地調査では、事前の確認のために行く事もあります。
例えば、高速道路が作られる予定地とか、ダムが造られる計画地などです。

 マップの表示を切り替えることで、背景地図を変えることが出来ます。
 ※但し、iPadの標準マップを表示するには、インターネットに接続されている必要があります。

カンタンマップ



11,道路工事などの計画図を透過し、背景の地図と重ねてiPadで見せることが出来ます!

紙の図面を持って現地に行っても、実際にどこに構造物が出来るのか?や、
現在どのいちにいるのか?など、イメージするのが難しい事がよくあります。
カンタンマップではそうした道路などの図面を透過させて、背景の地図と重ね合わせることが出来るようにしました。

これによって現地形と比較しながら調査が出来るので、
具体的なイメージができ、作業をスムーズに進めていくのに役立ちます。

カンタンマップ


その他バージョンアップで追加した機能はこちらからご覧下さい↓

カンタンマップ for iPad バージョンアップのお知らせ


■ストリートビューとの連携


カンタンマップでは、PINを立てた箇所のGoogleマップを表示する機能があります。
そこからGoogleのストリートビューを開くことが出来ます。

googleストリートビューとの連携1


1,左上にある「周辺情報」ボタンをクリックします。
iOS5までは、マップアプリと連携が出来ていたのですが、
iOS6からは、safariが起動してGoogleマップが見られます。

googleストリートビューとの連携2

2,safariが起動したら、画面の右下の人形ボタンをクリックします。

googleストリートビューとの連携3

3,あとは、Googleマップの標準機能を使ってストリートビューを表示させることが出来ます。

googleストリートビューとの連携4

例えば、現地調査に行ったあとで、現地を思い出すためとか、
行く前に、どんなところか確認してみたりといった事が出来ます。

また、プレゼンなどにも使って頂くのもおすすめです。

■表彰・掲載など

カンタンマップ


2012年6月 G空間EXPOにて表彰を頂きました!

G空間EXPOの中で行われた、Geoアクティビティフェスタというイベントにおいて、国土地理院さまより「優秀賞」を頂きました。

Geoアクティビティフェスタについては、国土地理院のコチラのサイトに詳細が掲載されています。

また、授賞式の様子などはINTERNET WATCHのサイトにも掲載されています。



2012年8月建築・土木iPad・iPhone最強活用ガイドに掲載されました!
エクスナレッジ社さんより発売されました
「建築・土木iPad・iPhone最強活用ガイド」にカンタンマップ for iPadの利用実例が掲載されています!

様々な利用方法ができる。
それがカンタンマップ for iPadの特長でもあります。
ぜひいろいろな分野で試して頂ければと思います。







2012年9月リフォーム達人倶楽部9月号に掲載されました!
リフォーム達人倶楽部記事 リフォーム産業新聞社様から出版されている
「リフォーム達人倶楽部」に掲載されました。

地図を使った顧客管理でカンタンマップの
活用方法が紹介されています。
リフォーム達人倶楽部

2013年7月マイナビニュースサイトにて、カンタンマップの活用事例をご紹介頂きました!
建築現場に実際に導入された事例が紹介されています。
道路の計画図面を現地形と重ねて表示、GPSと連動させて、現場で作業の効率化や、問題解決の時間短縮に実績を上げられています。 詳細はこちら

■動作環境

 ・iPad/iPad mini/iPad Air

   iPadには、Wifi版とセルラー版がありますが、どちらでも動作します。
   但し、Wifi版にはGPSが付いていないため、必要な場合には、iPadで利用できる外付けGPSを
   別途、用意する必要があります。


■提供方法・価格など

アプリは、iTunesStoreからダウンロードして頂きます。

利用にあたっては、動作に必要なプログラムの提供やサポートサービスのご契約が
必要になります(有償)。

ご提供するサービスは、以下の通りです。

・csvからのDB変換プログラム一式
・GISソフト:SISからの地図データ書き出しプログラム一式
・動作に必要な設定ファイル一式
・サンプルファイル
・ドキュメント類
・メールによるサポート(導入後1ヶ月)

参考価格:30万円/1台

現在、月額利用でリーズナブルに導入出来るような仕組みも準備中です。
さらには、独自の背景地図が引けないなどの機能限定をしたlite版や
学校や学生など、利用用途を限定したアカデミック版の提供も計画中です。
ご興味のある方はお問合せください。

価格等も含めて、詳細については、コチラのフォームからお問合せください。

また、自社での利用のみなず、御社の顧客にご提案頂く場合には、
販売代理店の仕組みもご提案させて頂くこともあります。


■よくある質問など

・自社向けにカスタマイズはしてもらえませんか?

最近、このようなお問合せが増えております。
可能なものであれば、対応致します。
さらには、カンタンマップをベースに、御社向けのカスタマイズを行うこともあり得ます。
詳細につきましては、コチラのフォームからお問合せください。


・カンタンマップで入力したり編集したデータは、どうやって使うのですか?

カンタンマップ for iPad・iPhoneで収集したデータは一旦、
iPad・iPhone内のHDDにデータベースとして保存されます。

そのデータベースのファイルを、下記のいずれかの方法でパソコンやサーバに持ってきてもらいます。

1,USBケーブルで接続して、iTunesにてファイルをコピーする
2,Dropboxを経由して、本体からファイルをアップロードする

カンタンマップ単体で使われる場合には、データベースを
csvファイルに変換出来るので、Excelなどで自由に編集出来ます。

・既にある自社システムとの連携は可能ですか?

既に何らかの基幹システムをお持ちの場合には、
ユーザ様にはデータベースのフォーマットを公開しておりますので、これを自由に活用頂くことも可能です。

例えば下記のような使い方です。

・持ち出したいデータをカンタンマップ用のデータベース形式に  変換して書き出す
・現地で編集されたデータベースファイルを吸い上げて  基幹システムに取り込む

運用の実例

すなわち、今ある資産・システムを少し改良することで、
データを外に持ち出せるオプション機能みたいなものを 実現することが出来るのが、「カンタンマップ」です。

・背景地図データは、どのようにセットアップするのですか?

背景地図データは、所定のフォーマットで画像データとして作成して頂きます。
作成したデータをiTunesを利用して、ケーブル接続したiPadにファイルをコピーします。


・ネットに接続されていないと使えないのですか?

ネットに接続していなくても利用することは出来ます。
但し、その際にはiPadの標準マップを表示することは出来ません。


・似たアプリがいろいろありますが、何が違うのですか?

iPadで動作するアプリは少ないでしょう
iPadの操作性の高さはアンドロイドでは実現出来ません。

当方では、アプリの販売だけではありません。
当アプリと既存システムとの連携をご提案出来ます。

すなわち、当アプリのウリは、アプリ単体ではなく、
当社のトータルサポートが受けられることにあります。


■お問い合わせ

「業務で地図を使いたい!」というお問い合せをたくさん頂くようになりました。
「地図やシステムについて詳しくないんだけど?」という方でも大丈夫です!
ぜひお気軽にお問い合せ下さいませ。

申し込み

カンタンマップに興味を持って下さった方が気軽にお試し頂けるように、
カンタンマップ for iPadの無料お試し版「カンタンマップ Personal」をリリース致しました。

ダウンロードはこちら


商品についての詳細は、下記のページをご覧下さい。
http://www.at-creation.co.jp/system/personal.html


※iPhone・iPod touch・iPadはApple Inc.の商標です。


ページのTOPへ