NEWS & BLOG新着情報

あっとクリエーションからの新着情報

あっとクリエーション株式会社は「地図で世界をつなぐ」を理念に掲げ、「地図」x「iPad」であっと驚く価値を創造する会社です。
たくさんの荷物も面倒な再入力も必要なし、現地調査から帳票出力までが簡単&スピーディーに変わります。
建設系や水道系、不動産業や介護事業など、位置情報を必要とするあらゆる場面でご活用頂けます。

あっとクリエーション株式会社は
「地図で世界をつなぐ」を理念に掲げ、「地図」x「iPad」で
あっと驚く価値を創造する会社です。
たくさんの荷物も面倒な再入力も必要なし、
現地調査から帳票出力までが簡単&スピーディーに変わります。
建設系や水道系、不動産業や介護事業など、
位置情報を必要とするあらゆる場面でご活用頂けます。

NEWS 2021.07.19

新サービス:buddycom(バディコム)マップ

トランシーバー。
こんな機器にも、ITの進化による、大きな変化が起こっている事をご存知ですか?

これまでは、専用の機械を買い、それが使う人数分必要になり、万が一の災害時の時でも、いつでも使えるように充電しておく必要がありました。

また、普段の業務では使ってない事が多く、いざと言う時に、使い方がわからない人も出てきます。

さらに、無線通信なので、届く範囲も限られてくるし、聞き取りにくかった時、もう一度、聞き直さねばなりません。

こんな課題を解決するには、やはりITですね。

特にいま、注目されているのが、「buddycom」です。
https://www.buddycom.net/ja/index.html

 

 

■■■buddycom(バディコム)とは?

スマホがトランシーバーとして使えることで、さまざまなことが実現出来ます。

(Buddycomのウェブサイトより)

 

東京都のイベントで大賞を取るなど、いま大注目のサービスです。

 

■■■buddycomマップとは

このbuddycomで、話した内容や撮影した写真、話した場所(緯度経度)が記録されています。

話した内容は、音声データだけでなく、文字に変換されたテキストデータとしても、記録されます。

話した内容や撮影した写真を、地図上にプロットしたい!

そういう想いから、このプロジェクトは生まれました。

 

そう思ったのは、災害時。

情報が錯綜する中で、飛び交う音声や映像。

これが一箇所に集められて、冷静に分析する事が出来るなら?と思った次第です。
(実際の現場は、そんな状況下ではないでしょうけど)

 

 

 

このサービスの付加価値は、kintoneと連携していること。

すなわち、災害専用のサービスではないので、他の用途での利用にも、すぐに流用できます。

さらに、他の用途で使っても、ライセンス数が増えなければ、追加コストもかかりません。

もう、防災専用のシステムは、必要なくなるのでは?

専用システムほど、日常から使ってないので、いざという時に使えませんから。

しかも、いつ起こるかわからない災害のために、高いコストはかけられない。

そんなお悩みの方に、ピッタリのサービスです。

 

既にとある自治体さんの防災システムとして採用された実績もあります。

 

■■■当社は、buddycomのエコシステムパートナーです

当社はエコシステムパートナーとして、登録して頂いております。

https://www.buddycom.net/ja/partner/partner.html

 

 

動くところを見てみたい!といったご要望あれば、下記からお問合せくださいませ。